Try T.M Engineer Blog

「アウトプットする事は大事だ」と思って初めたブログ、プログラミング、独り語り、etc

16年間Windowsを使っていた僕がMacに変えてみた(開封の儀編)

初めまして、本日からブログを書き始めたKodak(コダック)です。
ふと、人間「アウトプット」する事は大事な事だと思い、ブログを書き始める事にしました。

本日のブログは、タイトルの通りです。
(まぁ、Macに変えてみた事がブログを書き始めた理由の1つでもありますが・・・)

購入したのは、Mac Book Pro 2015 Retinaディスプレイモデルの13インチです。
(ただし、整備済製品のカスタムモデルでメモリだけ16GBにしています。)
Macをよくご存知の方からすれば「もうすぐ新製品が出るのに、この時期に買うのはもったいない」と思われそうですが、あまり気にしていません。
というのも、新製品は高いですし、デフォルトだとメモリも恐らく8GBでしょう。
ならば、整備済製品のメモリ16GBのカスタムモデルを買った方がお得なんじゃないか。と思ったからです。
(この辺りは各々で意見が違うと思いますが、僕はそう思ったに過ぎません。)

というわけで、他のMac購入ブログでも良く見る開封の儀です。
f:id:special-moucom:20161016103729j:plain

ちなみに注文してから送料無料で2日で届きました。
この辺りの対応はさすがMacというところです。
f:id:special-moucom:20161016103743j:plain

整備済製品は、あくまで中古扱いなので本来入っている箱とは違うようです。
それでもシンプル且つしっかりした箱ですね。 f:id:special-moucom:20161016103807j:plain

余計なものは一切なく、本体とACアダプターのみです。
早速起動してみました。
f:id:special-moucom:20161016103823j:plain

本当にRetinaディスプレイ綺麗ですね。
我が家にも友人から譲り受けた立派なディスプレイがあるのですが、それよりも綺麗です。

以上で開封の儀は終わりです。
これからセットアップをしていくのですが、Macは初めてなので時間が掛かりそうです。
Windowsとの違いもブログに書けたら良いなと思います。

ではでは....