Try T.M Engineer Blog

「アウトプットする事は大事だ」と思って初めたブログ、プログラミング、独り語り、etc

Webエンジニアへ転職後に学んだ事(7回目)

はじめに

このブログ記事は、約11年間、客先常駐で『マネジメント』をメインに続けてきて、技術力が全く無くて後悔していた人が、Webエンジニアへ転職して学んだ事を記録しておくために書いています。自身の振り返りのために書いている記事ですが、30代の方で同じような境遇で技術力が全く無くて後悔している方々にとっても「Webエンジニアになるとこんな事を勉強するんだ・・・」と雰囲気を掴んで貰えれば幸いです。

WordPressを勉強中

大きな案件が一旦終わり、次の仕事ではWordPressを使うかもしれない・・・との事なので、現在はWordPressの勉強をしています。WordPressを初めて学ぶ上で私が何をしている(した)のかをさらっと書いていきたいと思います。

まず、WordPressとは?

WordPressは、CMS(Content Management System)の1つで、Webサイトを作る上で、ある程度「型」を用意してくれていて、ゼロからWebサイトを作るよりも容易に作る事ができるソフトウェアです。元々はブログを作るためのソフトウェアとして始まったWordPressですが、オープンソースであった事から有志によって利用者のニーズに合わせた開発・変更が行われ、今ではブログだけでなく、企業サイトやECサイトでもこのWordPressが使われています。
ちなみに、世界中のWebサイトのうち26.5%はWordPressで作成されているというデータがあり、CMSで作られたサイトに限定すると、59.6%と圧倒的なシェアを占めているとも言われています。

wp-exp.com

いやぁ、WordPress凄いですね。ちなみに、WordPressPHPで開発されているので、WordPressを使ってWebサイトを作るのにはPHPの知識が必要です。

WordPress何から始めればいい?

私も悩みました。そもそも、私はPHPに触れたこともありません・・・ とはいえ、開発環境が必要なのと参考になりそうな書籍を探す事にしました。

1. 開発環境

以前、SAMについて勉強した時にDockerを使った事を思い出し、WordPressの開発環境もDockerを使えば良いと考えました。(ネット検索しても、WordPressの開発環境はDockerを使う人が多いようです。)というわけで、docker-compose.ymlを用意して「docker-compose up -d」と叩けば開発環境の完成です。

[ docker-compose.yml ]

version: '2'

services:
  mysql:
    image: mysql:5.7
    volumes:
      - "./mysql:/var/lib/mysql"
    restart: always
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: wordpress
      MYSQL_DATABASE: wordpress
      MYSQL_USER: wordpress
      MYSQL_PASSWORD: wordpress

  wordpress:
    image: wordpress:latest
    volumes:
      - ./wordpress:/var/www/html
    depends_on:
      - mysql
    links:
      - mysql
    ports:
      - "8000:80"
    restart: always
    environment:
      WORDPRESS_DB_HOST: mysql:3306
      WORDPRESS_DB_PASSWORD: wordpress

なんて便利な世の中なんだ・・・・(涙)

2. WordPress本を購入

とりあえず、「仕事の現場でサッと使える!」というタイトルに惹かれて購入しました。

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)

<< 感想 >>
結論から言うとこの本はとても良い本です。
最新のWordPressのバージョンに対応しているのも良いですし、最初にWordPressでテーマ(Webサイト)を作りたい人にはおすすめできる書籍です。この本を読めば、WordPressの操作方法、テーマの作り方、使用すべきプラグイン、そのプラグインの使い方が学べます。

しかし、WordPressを触ってみてわかったのですが、WordPressWordPressなりに自動でやってくれる機能やPHPの関数が凄く多いんですよね。この本だけだと「なんとなくテーマが作れるな〜」止まりで痒いところに手が届かない・・・

そう悩んでいると、それを解決してくれる書籍と出会いました。

エンジニアのためのWordPress開発入門 (Engineer's Library)

エンジニアのためのWordPress開発入門 (Engineer's Library)

これです。
ちなみにタイトルには開発入門と書かれていますが、いきなりこの本から始めると私なら挫折する自信があります。まだ読んでいる途中ですが、この本にはWordPressが自動でやってくれる機能やPHPの関数の説明、それによる注意点等、WordPressの仕組みに重点を置いた説明が書かれており、私の知りたかった情報がほぼ詰め込まれていました。
この本は私の様に、ある程度WordPressを触ってみて「WordPressってどうやって動いているのだろう・・・?」と疑問に思った人にお勧めです。

しばらくは、この書籍を読んでさらにWordPressの知識を増やして行きたいと思います。

WordPressを触ってみて気づいた事

WordPressは上記に記載した通り、シェアがとても高く、ネットで検索すると欲しい情報がすぐに手に入ります。中には、欲しい機能のプログラムのソースコードが丸々落ちていたりもします。そのため、落ちていたソースコードを理解せずに使っていると思ってもいないバグやエラーを引き起こすので注意が必要だと感じました。(情報が多いだけに、扱い方には注意が必要という事ですね。)
ネットに落ちているソースコードにも実は関数の使い方や実装方法が間違っている可能性もあります。実は私もこの辺に不安を感じているのですが、そんな時はWordPressに詳しい有志の方に相談するといいかもしれません。(私もWordPressの勉強会等に参加しようかな・・・)

Webエンジニアへ転職後に学んだ事(6回目)

はじめに

このブログ記事は、約11年間、客先常駐で『マネジメント』をメインに続けてきて、技術力が全く無くて後悔していた人が、Webエンジニアへ転職して学んだ事を記録しておくために書いています。自身の振り返りのために書いている記事ですが、30代の方で同じような境遇で技術力が全く無くて後悔している方々にとっても「Webエンジニアになるとこんな事を勉強するんだ・・・」と雰囲気を掴んで貰えれば幸いです。

AWS Dev Day Tokyo 2018 の一部のセッションに参加

10月末、上司とこんなやりとりがありました。

上司「AWS Dev Day Tokyo 2018のServerlessのセッションを見たほうがいいよ」

私「え、会社で見ていいんですか?」

上司「うん、ストリーミング放送見る時はイヤホンつけてね。あと、この2つのセッションは僕が仕事で行けなくなったから代わりに参加してきていいけど・・・行ってくる?」

  • GraphQL 入門(AWS AppSync)
  • クックパッドの動画事業での AppSync 活用事事例 - Firebaseからの移行 -

私「ぇ、マジっすか?」
(過去にこんな経験は無かったので・・・しばらく考える・・・)

私「行ってきます!!!」

というわけで、AWS Dev Day Tokyo 2018のServerlessの以下2つのセッションを聞きに行きました。

  • GraphQL 入門(AWS AppSync)
  • クックパッドの動画事業での AppSync 活用事事例 - Firebaseからの移行 -

場所は目黒のAmazonの新オフィス!

f:id:special-moucom:20181111165807j:plain オフィスは新しいビルだけあって、すごくキレイでお洒落でした。
(ああ・・・一度でいいから、こんなオフィスで働きたい・・・)

最近、噂になっていたAWSのアカウント持っている人だけのコワーキングスペースAWS Loft Tokyoも「あ、ここだったんだ・・・」と知りました。

aws.amazon.com

一度はここで勉強してみたいものですが、営業時間が平日のみというのが残念なところ・・・
Amazonのオフィスと併設なら仕方ありませんね。

会場にてセッションを視聴

f:id:special-moucom:20181111165833j:plain 会場に来て、1つ後悔したことがありました。

「パソコンもってきてない!!」

周りを見ると、皆さんパソコンを持ち込んでいらっしゃる・・・

  • 仕事をしながら(コードを書きながら)セッションを聞いている人
  • セッションで重要なところをパソコンでメモっている人
  • セッションを聞きながらTwitterに書き込んでいる人

様々ですが、パソコンを持ってきていない人は少数でした。(もしかすると私だけだったかもしれません・・・) 以後、気をつけよう・・・そう心に留めてセッションを視聴しました。

セッション視聴:GraphQL 入門(AWS AppSync)

大変わかりやすく「GraphQLとは何なのか?」を説明して頂きました。
一応簡単にセッションを聞いた上での私のGraphQLの解釈を書いておきます。

GraphQLとは? ・・・ API Query言語。REST APIに変わる次の技術。SQLのようにQueryを書く事で、欲しいデータを取得できる。

REST APIでは以下課題があり、それを解決してくれる。

  • APIドキュメントの管理:管理がずさんになってくると、ドキュメントとAPIの仕様の相違が出てきて大変。
    -> GraphQLなら、ドキュメントは拡張を見据えた汎用的なものを作れば良い。

  • APIの実行方法がわからない&複雑:ちょっとだけ欲しいデータがあっても、全量取得&複数回APIを実行する必要があったりする。
    -> GraphQLなら、APIの実行は欲しいデータだけをSELECTして取得すれば良い。

GraphQLの特に優れている点 ・・・ リアルタイム性。Query言語のため、SELECTだけでなくUPDATEも可能。例えば携帯のオンラインゲーム等でネットに繋げない間はローカル側でデータを更新 -> ネットに繋がった瞬間に更新したデータをGraphQLを使ってUPDATE(つまりクライアント側と即時に同期可能)できる。

というのが、セッションを聞いての私の解釈です。(間違っていたら、ごめんなさい)REST APIの課題については、非常に共感できました。

セッション視聴:クックパッドの動画事業での AppSync 活用事事例 - Firebaseからの移行 -

こちらも大変わかりやすくGraphQLを使った実例を説明して頂きました。
その前に、AppSyncですね。こちらも私なりの解釈を書いておきます。

AppSyncとは? ・・・ フルマネージドのGraphQL。

フルマネージドって? ・・・ GraphQLに以下機能を付属したもの。

  • 認証
  • 通知
  • ゾルバ、リクエストレスポンスの関数が使用可能
  • DynamoDBからテーブルをプロビジョニング

クックパットさんは、AppSyncをcookpadTVのLive事業にて使用しており、Live時のコメントやスタンプ投稿でGraphQLを使用しているとのことでした。
当初、FirebaseのRealtime Databaseを使っていたそうですが、AmazonGoogleでデータを分散させたくないとの事からAppSyncに移行したとの話でした。
「データを分散させたくない。」長期的に見れば保守性が上がり、コストも下がるかもしれませんが、これだけを理由に移行を考えるなんて、さすがクックパットさんだなぁと思わされました。

AppSyncへの移行も色々と課題があったそうです。
1つ「なるほどなぁ」と感じた部分があったので、そこだけ書いておきたいと思います。

AppSync(GraphQL)は上記の通りAPI Query言語で、あくまでクライアントからQueryを投げてもらって処理が動きます。そのため、クライアントとAppSync間には何も無く、Queryの内容をチェックする事ができません。そういった場合はサーバーを1つ挟むしか方法がありません。クックパットさんの実例では、コメント書き込み時に誹謗中傷を書かれる恐れがあるため、クライアントとAppSync間に1つサーバーを挟んで、コメント内容をチェックした後にAppSyncへ反映しているとの事でした。

ここは「あ、なるほどなぁ」と思わされました。
新しい技術は次々と出てきて、どんどん便利になっていきますが、その技術にも課題があり、また新しい技術が産まれるんだなぁと感じました。

最後に

f:id:special-moucom:20181111165901j:plain

実はこういったカンファレンスへの参加は今回が初めてでした。
カンファレンスに参加したことで、GraphQL/AppSyncに大変興味を持ちましたし、周りのエンジニアも凄そうな人ばかりで大変刺激になりました。今度は、上司に進められる前に自分が興味を持ったカンファレンスに参加したいと思います。
というわけで、次回はこちらに参加したいと思います。

phpcon.php.gr.jp

現在、WordPressの案件がくるとの事で、WordPressPHPの猛勉強中です。PHPで何ができるのか?何に使われているのか?そこを知りたいと思い参加を決めました。(まぁ、子供がいるので本当に参加できるのかはギリギリまでわかりませんが、可能な限り参加したいと思います(パソコンを忘れずに・・・))
最後に、カンファレンスの参加を進めてくれた上司(と会社)に非常感謝しています。前職なら絶対にありませんでした。(そもそも客先にいて業務中に不在にするとかありえない・・・)
頂けた機会を活用して、もっともっと知識を増やして強いエンジニアになれる様、頑張りたいと思います。

Webエンジニアへ転職後に学んだ事(5回目)

はじめに

このブログ記事は、約11年間、客先常駐で『マネジメント』をメインに続けてきて、技術力が全く無くて後悔していた人が、Webエンジニアへ転職して学んだ事を記録しておくために書いています。自身の振り返りのために書いている記事ですが、30代の方で同じような境遇で技術力が全く無くて後悔している方々にとっても「Webエンジニアになるとこんな事を勉強するんだ・・・」と雰囲気を掴んで貰えれば幸いです。

転職後7週目

今回は、転職後7週目の話になります。
が、今回学んだ事は久しぶりにQiitaに書きました。

qiita.com

私はQiitaとブログ両方のアカウントを持っていますが、以下のように使い分けて書いて行こうと思います。

  • ブログ ・・・ 私が学んだ事や近況について書く。
  • Qiita  ・・・ 技術的な事で悩んだ or 調べた事について書く。

Qiitaは技術的な話が集まる場なので、自身が悩んだ or 調べた情報を書いて、同じ様な境遇で悩んでいる方々への参考になればいいなという思いで書いていきたいと思います。
(もし、私が書いた情報に誤り等がありましたら、ご指摘頂けると幸いです。m( )m)

最近は?

上司から「もしかするとWordPressの案件がくるかもー」と言われたので、WordPressPHPの勉強をしています。開発環境は、Dockerコンテナを使ってWordPressを立ち上げて色々と触っているところです。
こちらについては、またどこかでブログに書いていきたいと思います。

学んだ事

ホントこれです。

普段意識しないで使っているコマンドでも「ちゃんと知っておこう」という姿勢が大事

以後、気をつけたいと思います。

Webエンジニアへ転職後に学んだ事(4回目)

はじめに

このブログ記事は、約11年間、客先常駐で『マネジメント』をメインに続けてきて、技術力が全く無くて後悔していた人が、Webエンジニアへ転職して学んだ事を記録しておくために書いています。自身の振り返りのために書いている記事ですが、30代の方で同じような境遇で技術力が全く無くて後悔している方々にとっても「Webエンジニアになるとこんな事を勉強するんだ・・・」と雰囲気を掴んで貰えれば幸いです。

転職後6週目

今回は、転職後6週目の話になります。
4週目と5週目は、子供が産まれた事でドタバタしており、慶弔休暇も頂いていたので割愛します。

今回はAWS Lambdaを使った開発を続けてきて資産が増えてきたので、この資産をどのように管理していくのか。という事を考え、色々と学んだのでそれを書いていきたいと思います。

資産管理はやっぱりGitHub

AWS lambdaといえど、管理対象となるのはプログラムのソースコードになるので、GitHubで管理すべきかと考えます。AWS CodeCommitを使う手段もありますが、開発者側が使い慣れている人が多いGitHubが良いと思いました。

GitHubでの管理は決まった。じゃあ開発環境や本番へのデプロイ方法は?

ここが悩みどころでした。
多くの方々がAWS lambdaの管理・デプロイ方法に悩まれており、現段階(2018/10時点)だと以下フレームワークの何れかを使うのが定番になっています。

AWS SAM
・Serverless Framework
・Apex

当然、私は3つのフレームワークの何れも使った事がありません。
そのため、1つ1つ導入からデプロイまでをやってみて、使用感を確かめていきました。 私なりに使用感を以下に纏めてみました。

比較項目 AWS SAM Serverless Framework Apex
公式/非公式 公式 非公式 非公式
検索したときの情報量 中(Oracleに同名の製品があり、稀にそっちの情報が混ざる事あり)
S3/CloudFormationの使用要否
テンプレートの作成難易度
デプロイの難易度 簡単 簡単(早い) 簡単(早い)
備考 Dockerコンテナを使った開発環境も提供 使用している人が多く、プラグインも多い S3/Cloud Formationを使用していないため、迅速にデプロイできるのが魅力

纏めてみた結果、個人的にはAWS SAMで行うべきかと思いました。
公式なので今後もサポートが期待できるという事やDockerコンテナを使った開発環境も提供されているので、開発環境で動いたけどデプロイしたら動かなくなった等のトラブルを未然に防げるのが良いかと思いました。

さて、これでAWS lambdaの管理方法は全てきまった問題なし

と思ったのですが・・・次はこんな疑問に辿り着きました。

「果たしてAWS Lambdaの資産管理ってどこまで管理すべきなの?」

AWS lambdaはイベントドリブン(つまり、AWS GateWayやS3にファイルが格納された等)なので、単体では動きません。
AWS lambdaを動かすためには、それに紐づくイベントの設定(AWS Gatewayの設定やS3のファイル格納場所、権限等の設定)が必要で、デプロイとイベントの設定をして初めて動かす事ができます。
AWS SAMやServerless Frameworkは、結局はCloudFormation(AWSの構築をテンプレートと呼ばれるファイルにそって自動で行ってくれる機能)を使ってデプロイしているので、テンプレートにイベントの設定を書く事で、この問題はクリアにできます。

ですが・・・

AWS lambdaをちょっとやりました。という人が、そのテンプレートにイベントの設定を書いていくのはキツイ!!本当にキツイです!!!

色々テンプレートの書き方を調べてみましたが「テンプレートはこう書きます。(ボンッ)」という感じで、既に完成済みのテンプレートが出てくるものばかり・・・

ホントすごくない????

と思ったのが正直な気持ちです。
というわけで、一旦管理するのはAWS lambdaのプログラムのみにして、イベントの管理はまた考える・・・という事になりました。

どなたかCloudFormationのテンプレートの簡単な書き方を教えてくださいorz

学んだ事

AWS lambdaの管理方法を考える上で、現状3つのフレームワークを使う手段があるということ。
AWS lambdaはイベントドリブンなので、イベント側の管理方法も考えないといけないということ。
AWS SAMにはDockerコンテナを使用したテストが可能であること、また、Dockerを使ったメリットにも気づけました。

妻への感謝と子育てエンジニアの凄さを実感したこと

この度、我が家に新しい家族が加わりました。(女の子です。)

今は本当に幸せです。
娘は可愛くて、泣いている時、笑ってきる時、無心の時(ボーっとしてる時)、今は全てが私の宝物になっています。「あぁ、こうやって親バカになっていくんだな」と思いました。

妻には本当に感謝しています。
出産の時に陣痛で苦しんでいる妻の姿を見て、私も凄く辛い気持ちになりました。
少しでも陣痛の痛みを和らげようと一晩中マッサージを繰り返しましたが、それでも痛みの方が強らしく「私はなんて無力なんだろう・・・」と思う時もありました。

そんな中、無事出産を終えて子供の姿を見たときは思わず涙がでてしまいました。
「これから頑張って娘を育てていこう。」妻とそう約束しました。

数日が経ち、妻と娘が退院して家で一緒に暮らす事になりました。
そこからは、もう大変です。
オムツを換えたり、ミルクをあげたり、沐浴させたり、夜泣きに抱っこ等、何もかもが初めてで、学ぶことが沢山あります。(現在進行系)
それに加えて、家事やエンジニアとしての勉強もしないといけないので、完全に体力不足だと実感しました。

世の「子育てエンジニアの方々」ってなんて凄い存在なんだろうと改めて思いました。
頭の中では、大変だろうなぁとかイメージは十分持っているつもりでしたが、実際に体験すると身に沁みてわかりました。

今はこうやってブログを書くだけでも精一杯なので、今後は自身の時間の使い方や効率良く作業をこなしていきたいと思います。 (もしかすると子育てはマネジメント力や作業効率を高めるアイディア力を養えるし、経験にもなるかもしれませんね。)

最後にちょっとだけ技術ネタです。

2018/10/08に『技術書典5』がありました。

techbookfest.org

Twitter等で話題になっていたので、私も参加してみたかったのですが、当然行けるはずもなく参加を諦めました。 しかし、本自体は以下で買う事ができるとの事です。

BOOTH - 創作活動がより楽しくなるショップ作成サービス

とりあえず、読んでみたいと思った以下2冊だけ購入しました。

f:id:special-moucom:20181013132459p:plain

感想はブログかTwiitter等で書きたいと思いますが、他にも面白そうな書籍が沢山あるので、興味を持ったものはどんどん買って読んでいきたいと思います。